白髪染めを染め方で分けてみる

白髪染めは大きく分けると3種類に分けることができます。

それは、ヘアカラー、へアマニュキア、そして一時染めです。

ヘアカラーとは、一度髪の毛を染めれば、色落ちせず、永久的にその色を保つことができます。

(もちろん、生え際はその都度、白髪染めする必要がありますが。)

どのように染めるかと言いますと、髪の毛の表面には、キューティクルというものがあり、それを開き、そしてそこから染料を染み込ませ、カラーリングします。

この方法のメリットは、色持ちが一番いいこと、そして染めやすいことです。

次に、へアマニュキアですが、これは髪の毛の表面に直接的に塗料をコーティングするという方法です。

この方法のメリットは、髪の毛や頭皮へのダメージを抑えることができるという点があります。

それで、よく白髪染めにはよくこの方法が使われます。

白髪染めマニュキアや白髪染めトリートメントなどは一般的にこの方法です。

しかし、ダメージが少ない分、染まり具合もそこそこで、ヘアカラーほどしっかりは染まらないことがあります。

そして最後に、一時染めですが、マニュキアと似ている方法ですが、シャンプーをしたらすぐに洗い落とせるので、手軽にチャレンジできる方法となっています。

色の具合を試してみたいときに使える方法です。

しかし、毎回染めるとなると面倒、というデメリットがあります。

以上のように、白髪染めには、ヘアカラー、ヘアマニュキア、一時染めの3種類があります。

白髪染め選びの教科書は白髪染め完全ガイド